新社名はオイシックスドット大地(Oisix.daichi)

久しぶりのビッグニュース

野菜宅配関連のコラムです。 業界2位のoisix(オイシックス)と業界3位の大地宅配との経営統合のニュースが発表されてから、2ヶ月ほど経ちます。食材宅配業界では久しぶりのビッグニュースとして、話題になりました。

オイシックスドット大地

経営統合のニュースが発表された当初は、経営統合の検討と言う段階でしたが、現在ではすでに新しい会社も立ち上がっております。新会社の名前は2017年7月1日から「オイシックスドット大地」となっています。

サービス内容について

現在のまま継続

さて、「オイシックスドット大地」の気になるサービス内容についてですが、oisix(オイシックス)および大地宅配のそれぞれのブランド名やサービス内容は、基本的に現在のまま継続する様です。

お試しセットも従来のまま

オイシックスドット大地の野菜宅配お試しセットの申し込みページも、従来のまま、おいしっくす(Oisix)と大地宅配は別々のものになっています。簡単にはサービスを変更できるものではないということでしょう。ちなみに大地宅配のお試しセットの申し込みページはこちらです。

配送、流通から変化

ただい、企業情報だけは「オイシックスドット大地」となっています。おそらく現時点では、2つのブランドサービスをそのまま使いながら、配送、流通体制などの、消費者から見えない点から経営統合に着手するものと思われます。

表向きには経営統合の影響は感じられない

せっかくoisixにせよ大地宅配にせよ、何十年もかけて作り上げたブランド名をそう簡単には外すことは、当面はないと思われます。というわけで、現在のところは表向きには経営統合の影響は感じられない状況となています。

経営統合の狙い

市場の拡大

oisix(オイシックス)との大地宅配の経営統合の最大の狙いは、市場の拡大にあると言う事です。と言うのもヨーロッパでは野菜宅配市場と言うのは、日本よりもずっと大きいため、日本でもさらに拡大が見込めるからです。

ネットスーパーのamazon fresh

ところが最近になって、amazonがネットスーパーのアマゾンフレッシュと言うサービスを東京23区でスタートさせています。これはオイシックスドット大地やらでぃっしゅぼーやなどの宅配会社やネットスーパー業界にとっても、ライバルとなると考えられます。

利便性やサービス向上が期待できる

ひょっとしたら、ネットスーパー「amazon fresh」の日本上陸を見越した上での経営統合だったかもしれません。何にせよ、ユーザーにとっては、利便性や商品のサービスの向上が期待できる合併であると考えられます。

サイトナビ

COLUMN

野菜宅配ガイド

更新情報

Page Top ↑
新社名はオイシックスドット大地(Oisix.daichi)になったというニュース記事です。
野菜宅配サービスnet お試しセット通販のトップページへ戻ります。
Copyright (C) yasai-takuhai.net All Rights Reserved.