ネットスーパーは当日配達サービスで人気

最大手はイトーヨーカドー「アイワイネット」

ネットスーパーという業態は、日本国内にはたくさんあります。最大手は「セブン&アイ」グループのイトーヨーカドー「アイワイネット」です。

最短4時間以内の配送

生鮮食品や野菜類の当日配達も可能です。最短4時間以内の配送が売りです。

イトーヨーカドーのネットスーパーは送料無料、即日お届けも

生鮮食品の当日配送に対応

朝一番に注文して夜には届く

ネットスーパーは、朝一番に注文して夜には届くというスタイルで人気を集めています。生鮮食品や野菜、加工食品類も当然取り扱っています。

アマゾンフレッシュ(amazon fresh)

2017年の4月からスタートしたアマゾンフレッシュ(amazon fresh)もネットスーパーのイトーヨーカドー「アイワイネット」同様の迅速な当日配送を行う予定となっています。対象エリアは、東京都・神奈川県・千葉県となっています。

アマゾンフレッシュが日本上陸

西友、イオンなども

イトーヨーカドー「アイワイネット」の他には楽天マートや西友、イオン、ダイエーなども、ネットスーパーのサービスを実施しています。 生鮮食品類は、一般店舗の価格と同じです。

配送エリアの広さならイオンネットスーパー

楽天市場の場合

楽天市場もネットスーパーの当日配達サービスを実施しています。楽天市場の品揃えとポイント還元が魅力です。 楽天ネットスーパーは楽天マートという別のサービスがあります。
追記:2018年から、楽天マートは、楽天西友ネットスーパーに変更となっています。

楽天マートと楽天ネットスーパーとの違い

ネットスーパー

野菜宅配サービスとの違い

インターネット初期から

ネットスーパーは定期購入とは異なり、欲しい時に欲しいものを注文するスタイルです。インターネットが出来始めた初期からイトーヨーカドーが運営をしています。

野菜宅配サービスとの違い

食材宅配サービスあるいは野菜宅配サービスとの違い、あるいは比較について、このページでは解説していきたいと思います。

リアル店舗で販売されている生鮮食品と同じ

ネットスーパーは、イトーヨーカドー、イオン、西友などリアル店舗を持つ百貨店や大規模流通大手のスーパーが運営していて、リアル店舗で販売されている生鮮食品と同じものをネット注文した消費者の自宅に届けるというサービスです。

送料無料も

ユーザにとっては、店舗まで足を運ぶ手間が省けるというメリットがあります。しかも6000円以上の購入で送料無料になったりするので、ネットスーパーは、非常にメリットの大きなサービスと言えます。特に雨の日などは買いに行く手間が省けて重宝します。あるいは重い荷物を運ぶ手間も省けたりします。

食材宅配サービスの場合

おいしっくす(Oisix)や、らでぃっしゅぼーやなどの食材宅配サービスも、公式サイトから、欲しいときに欲しい商品を注文することができます。やはり食材宅配サービスの場合は、安全性にこだわった商品の品揃えが特徴です。この点がネットスーパーとは異なります。ネットスーパーの品揃えは実際の店舗スーパーで販売されているものと同じものとなります

生協宅配との違い

生協との違いについては、生協は定期購入が中心だという点です。もうひとつのネットスーパーの特徴は、注文から発送までの時間がかなり短いという点です。イトーヨーカドーやイオンは残業時間以内での配達が可能となっています、

都市圏限定サービス

しかしこうした注文当日の迅速配送は、東京、千葉、神奈川など一部都心部に限られています。他の地域はネットスーパーには対応していないことが多いかったりします。いわば大都市型のサービスと言えます。

その他の食材宅配サービス

当日配達も可能なネットスーパー

関連記事

カテゴリーの一覧

更新情報

Page Top ↑
生鮮食品の当日配達も可能なネットスーパーを紹介しています。
野菜宅配サービスnet お試しセット通販のトップページへ戻ります。
Copyright (C) yasai-takuhai.net All Rights Reserved.